公共工事受注のチャンス! - 広島民主商工会

税金・申告・法人設立 広島民主商工会は経営者をバックアップします


新規開業・法人設立
資金繰り・融資
申告・決算
労働保険加入
国保・年金
税金
各種許認可
税務調査10の心得
ご質問・お問い合わせ
ホーム >  民商からのお知らせ >  記事一覧 >  公共工事受注のチャンス!
公共工事受注のチャンス!
2019/11/7 13:59 投稿者: admin558 (記事一覧) [ 48hit ]

公共工事受注のチャンス!
広島市の小規模修繕工事を受注しよう!

広島市が発注する50万円未満の小規模な修繕工事を受注できる「小規模修繕契約希望者登録制度」という制度をご存知ですか?民商などが要望してできた制度です。
3年ごとの登録で、学校など広島市が管理する公共施設の修繕工事が受注できるようになります。
令和2・3・4年度の3年間有効の登録受付が左記日程で始まります。現在登録中の方も更新が必要です。広島市に主な事業所があり、税金の滞納がなければ簡単な書類で申請できます(すでに入札業者になっている方は申請できません)。この機会に登録しませんか?申請は郵送または持参(※郵送の場合は必着)。
※申請受付期間が短いので注意。

登録者の声
★名刺に登録番号を印刷したらお客さんからの印象が良くなった。発注依頼がなくてもこれだけでもメリットがあった。
★直接受注すると自分がもらう額も良いし、発注側もいつもより安いので双方にとってメリットのある制度。
★営業に回ったら結構仕事を受けられるようになった
など、喜びの声がある一方、
★合見積もりが必要となる金額を上げてほしい。
★登録業者へ仕事を回すのが不十分。などの改善要求も出ています。

制度の改善求め広島市と懇談
この小規模修繕工事の登録制度を中小業者にとってより良いものにしようと、広島市内の4民商が協力し、毎年広島市へ申入れを行っています。今年も10月29日に、広島市財政局契約部への申入れを行い、6名が参加しました。
懇談では「制度の趣旨徹底と活用促進」「対象工事の上限を100万円に引き上げ」「相見積もりの必要金額を5万円から10万円に引き上げ」「登録要件の市税及び消費税の完納要件を緩和」「更新期間を5年に延長」「短い申請期間の延長」などの7項目を要望しました。
参加者からは「現在5万円以上の工事で相見積もりを必要としているが、急を要する工事などは見積もりの作成で一度帰ったりすると二度手間。登録業者は一人で営業している場合が多いので限度額を引き上げてほしい」「安佐北区では学校からの小規模修繕工事の発注が減っている。発注を学校事務センターがまとめて行っており、制度の趣旨が伝わっていないのではないか。小規模修繕は上限が50万円までと小さいので、まとめて発注すると登録業者に仕事がまわらない。教室ごとの発注等を検討するなど制度の趣旨から外れないようにしてほしい」などの要望が出ていました。
  民商では引き続き改善を訴えて活動していきます。
 

このページを印刷
カテゴリ内ページ移動 ( 379  件):     1  2  3  4  5  6  7  .. 379    
GNavi   (based on MyAlbum-P)
広島民主商工会
〒730-0013 広島県広島市中区八丁堀2−3 広島商工会館 2F
電話:082-221-0613
minsyo@hiroshima.email.ne.jp
広島県商工団体連合会webサイト