まだまだ不安!? 消費税軽減税率 - 広島民主商工会

税金・申告・法人設立 広島民主商工会は経営者をバックアップします


新規開業・法人設立
資金繰り・融資
申告・決算
労働保険加入
国保・年金
税金
各種許認可
税務調査10の心得
ご質問・お問い合わせ
ホーム >  民商からのお知らせ >  記事一覧 >  まだまだ不安!? 消費税軽減税率
まだまだ不安!? 消費税軽減税率
2019/10/26 17:55 投稿者: admin558 (記事一覧) [ 85hit ]

10月からの消費税増税と同時にスタートした軽減税率。税率8%のものと10%のものが混在し、複雑になったため、増税後も帳簿付けや領収書の書き方などで事務局に質問があります。本部でも学習会を行いましたが、来られなかった方のために支部でも独自に学習会を開催しています。これまでに3つの支部で学習会を行いました。地域の会場で参加しやすいと好評です。
要望があればどの支部でも開催可能ですので、希望があれば役員や担当事務局にお知らせください。

十日市支部
十日市支部は、8人で行いました。
まず、増税になって何か変化があったかを話し合いました。「紙おむつは10%で、粉ミルクは8%。子育て支援でプレミアム商品券渡すくらいなら子育てに関わる物すべて8%にすべきよね」「キャッシュレスのポイント還元の恩恵受けれない高齢者は多いんじゃないか?」「スーパーのレシートがちゃんと10%、8%に分けてあった。本当に業者は大変」などみなさん軽減税率の複雑さに怒り心頭でした。
十日市支部は飲食店が多いのですが、増税後の価格設定は皆さんまちまち。「消費税が上がってもうちは値段を上げていないよ。今更上げれない。」「価格を+税にして10%をちゃんともらって、レジも対応している。今のところ混乱はない」「会員さんのお好み焼店はすべて価格を50円アップしてたよ」「うちは一般客相手だから、領収書ほしいという人はごくわずか。ほしいという人には税率ごとに記載しないといけないね」などと話し合っていました。
また、学習して「インボイス制度でどうして免税業者が取引から排除されるか分かった。今後課税業者になるかの判断がせまられるね」「インボイス制度が本格的に入る頃には廃業してるかも」とインボイス制度に危機感を抱く会員さんも。こんな複雑な消費税増税・インボイス制度には反対しないといけないねとみんなで話し合いました。
十日市支部では、今後も毎月支部会議の場で消費税の制度変更スケジュールをみんなで確認しながら、学習を続けていこうということになりました。

横川支部
10月17日、横川市営アパート集会所で消費税の学習会を行いました。参加者は3人でした。
まず、軽減税率について説明をすると、皆さん自分で勉強していて一定の理解はしていましたが、アルコール度数やおもちゃ付きのお菓子などの複雑な線引きには困惑していました。参加者からは、「水道は生活必需品なのに10%で、新聞はなくても生きていけるのに8%なのはおかしいと思う」などの意見も出ていました。
インボイス制度に関しては、導入スケジュールと、導入後に免税業者はどうなってしまうのかを説明しました。すると、「こんな制度は導入するべきじゃない」と制度に大反対。「取引先から排除されたら生活できない。でも課税業者になって消費税を払ったとしても生活できなくなってしまう」という声もありました。


大河支部
10月16日(水)大河支部では、役員会と合わせて消費税学習会を開催しました。
会員5人の参加でした。
まず、軽減税率が始まってどう変わったか、どんなことに注意しなければいけないのかを主に学習しました。
参加した会員さんからは「健康食品を仕入れた場合、取引先から税率を分けて記載するように言われたが、どのようにすれば良いか」などそれぞれ自分の商売に関わる具体的な質問が出ていました。
また、インボイス制度の導入までのスケジュール、請求書や帳簿記載の留意点なども学習。「インボイス制度とは何か?登録番号の申請はどうするのか?」等の質問も出ました。その他、キャッシュレス決済によるポイント還元等についても学習しました。大河支部では消費税学習会を再度開催する予定です。
 

このページを印刷
カテゴリ内ページ移動 ( 379  件):     1 ..  3  4  5  6  7  8  9  .. 379    
GNavi   (based on MyAlbum-P)
広島民主商工会
〒730-0013 広島県広島市中区八丁堀2−3 広島商工会館 2F
電話:082-221-0613
minsyo@hiroshima.email.ne.jp
広島県商工団体連合会webサイト