青年部主催 キャッシュレス決済学習会 - 広島民主商工会

税金・申告・法人設立 広島民主商工会は経営者をバックアップします


新規開業・法人設立
資金繰り・融資
申告・決算
労働保険加入
国保・年金
税金
各種許認可
税務調査10の心得
ご質問・お問い合わせ
ホーム >  民商からのお知らせ >  記事一覧 >  青年部主催 キャッシュレス決済学習会
青年部主催 キャッシュレス決済学習会
2019/7/4 17:11 投稿者: admin558 (記事一覧) [ 48hit ]

6月28日(金)青年部第10回目となるビジネスプラスワンセミナーを開催。会員・事務局あわせて29名が参加しました。
今回のテーマは「キャッシュレス決済を学ぼう」。今年10月からの消費税増税にあたり、国は中小規模店舗におけるキャッシュレス決済で消費者に5%ポイントを還元するとしています。民商の会員にもキャッシュレス決済に興味がある方も多いのではと、青年部で話し合いこのテーマに決めました。

講師は、現在加盟店を続々と増やしているPayPay(ペイペイ)株式会社の武内正さんにお願いしました。
キャッシュレス決済には様々な種類があります。

①プリペイド(前払い)(ICOKAやnanacoカードなど利用金額を事前にチャージして使用するもの)
②ポストペイ(後払い・クレジットカードの様に利用金額を後日支払うもの)
③リアルタイムペイ(即時払い)デビットカードやモバイルウォレットの様にリアルタイムで取引をするものの3種類です。

今回学んだのはこの中のリアルタイムペイです。CMなどで●●(なになに)ペイという言葉をよく聞きませんか?●●ペイとはQRコードをスマホやタブレットで読み込み支払いをするキャッシュレス決済のことなのですがPayPayもその1つです。
PayPay㈱は、ヤフー㈱とソフトバンク㈱が共同出資をした会社。加盟店を増やしているのはその導入のしやすさが要因です。クレジットカードの決済は、カードを読み取る機械の費用や決済手数料の負担がネック。対してPayPayはQRコードを発行するだけなので機材を揃える必要がなく、手数料も2021年9月末までは無料。売上金も最短で翌日入金されるので、中小零細業者が導入する上で最もハードルが低いキャッシュレス決済です。
しかし、学習会の中では「すでに導入しているがよくわからない」「キャッシュレスに不安があるので迷っている」などたくさんの意見や質問が出されました。青年部長の梅本さんは「導入してみないと、良いか悪いかわからない。決済手数料が無料な間に宣伝も兼ねて実践してみたい」と早速PayPayを導入しました。

学習会終了後は懇親会を行い、講師の方にも参加してもらいました。学習会で聞けなかったことや、気になる部分を懇親会中にも質問する方が多く大盛況でした。
後日、「PayPayを導入したい」と参加者の方から事務局へ数名連絡を頂きました。昼間でないと参加できないという方も多くおられたので、今度は昼間に開催を予定しています。
広島民商もPayPayを導入済。会費の支払いに利用できます。キャッシュレス決済とは簡単なのか?すぐできるのか?不安を一つでも解消したい方は、一度使ってみてください。
 

このページを印刷
カテゴリ内ページ移動 ( 357  件):     1  2  3  4  5  6  7  .. 357    
GNavi   (based on MyAlbum-P)
広島民主商工会
〒730-0013 広島県広島市中区八丁堀2−3 広島商工会館 2F
電話:082-221-0613
minsyo@hiroshima.email.ne.jp
広島県商工団体連合会webサイト