気持ち新たに 広島民商新年理事会 - 広島民主商工会

税金・申告・法人設立 広島民主商工会は経営者をバックアップします


新規開業・法人設立
資金繰り・融資
申告・決算
労働保険加入
国保・年金
税金
各種許認可
税務調査10の心得
ご質問・お問い合わせ
ホーム >  民商からのお知らせ >  記事一覧 >  気持ち新たに 広島民商新年理事会
気持ち新たに 広島民商新年理事会 高ヒット
2019/1/10 11:56 投稿者: admin558 (記事一覧) [ 323hit ]
年明け最初の日曜日である1月6日、62名の参加で新年理事会を南区のホテルセンチュリー21で開催しました(出席率72%)
まず挨拶にたった鳥越満昭会長は『ひろしま民商フェスタ』を大成功させるために奮闘した役員の皆さんへ感謝を述べると共に、フェスタが果たした役割とその成功がもたらす民商への影響についてをしっかり報告。その上で「秋の運動は残念ながら目標には達しなかった。春の運動をなんとしても成功させ、私たちの要求をかなえるためにも、強く大きな広島民商を共に創りましょう」と呼びかけました。

続いて実行委員長を務めた堺卓也副会長から改めて「ひろしま民商フェスタ」についての報告を受け感想や意見を交流。会場からも「毎年やるべき」など前向きな意見もあり、旧市民球場跡地が利用できれば今年も開催しようと決定しました。
続いて四郎田宗則組織建設委員長からスローガンを『一人ぼっちの会員ゼロ』作戦とした秋の運動について報告。
フェスタと合わせて会員訪問500件を目標に進めてきましたが、最終的に646件まで到達し、会員訪問に力を発揮した箱ティッシュを引き続く活用のため1万個作成することを報告。現在、箱ティッシュの活用を検討し、ホームセンターでの配布、飲食店等での活用、格安有料販売による宣伝、申告時にクレド前での配布等などを話し合い実践しています。

また、ビラ配布だけではなく対象業者に直接訴えられるよう法務局を利用した新設法人、建設業新規許可業者等へDMを3ヶ月継続して発送していること等を報告し、春の運動目標はホップ・ステップ・ジャンプとして、
1月:10名、2月:20名、3月:30名の合計:会員60名を提案。全会一致で目標を決定しました。

また、3・13重税反対集会実行委員会、申告時期のなんでも相談会について、申告時期の税金班会の持ち方などを提案。今年取り組む署名は全商連も加盟する、10月消費税10%ストップ!ネットワークの「消費税10%中止を求める請願」署名と、民商も加盟する広島市社会保障推進協議会の「国民健康保険料の引き下げと制度の改善を求める請願書」と決定しました。8年連続増勢に向けて気持ち新たに理事会を終えました。
 
このページを印刷
カテゴリ内ページ移動 ( 459  件):     1 ..  135  136  137  138  139  140  141  .. 459    
GNavi   (based on MyAlbum-P)
広島民主商工会
〒730-0013 広島県広島市中区八丁堀2−3 広島商工会館 2F
電話:082-221-0613
minsyo@hiroshima.email.ne.jp
広島県商工団体連合会webサイト