広島の国保は高い!?  県単位化の影響を学習 - 広島民主商工会

税金・申告・法人設立 広島民主商工会は経営者をバックアップします


新規開業・法人設立
資金繰り・融資
申告・決算
労働保険加入
国保・年金
税金
各種許認可
税務調査10の心得
ご質問・お問い合わせ
ホーム >  民商からのお知らせ >  記事一覧 >  広島の国保は高い!?  県単位化の影響を学習
広島の国保は高い!?  県単位化の影響を学習 高ヒット
2018/7/15 9:32 投稿者: admin558 (記事一覧) [ 381hit ]
今年度から国保の県単位化がスタート。その問題点やこれからの国保料がどうなるか等の学習会が6月26日、中区の県立体育館で行われ、43人が参加しました。
この学習会は広島民商も加盟する広島市社会保障推進協議会が主催したもので、国保世帯の多い民商を始め、医療従事者など様々な立場の方が参加しました。
最初に、国保の実態を学習。被保険者の8割が低所得者であり、約15~20%の世帯が滞納。差押え件数も5年で4割増となっており、保険料が生活を脅かしている状態です。にもかかわらず国からの補助率は下がり、1人当たりの国保料は16年の間に2倍以上になっているという状況です。
国は、県単位化の目的を「国保をより大きな器で公平な運営をしていく」「保険料の収納向上」などとしており、国民の生活を考えたものではないことが明確です。

県単位化で保険料は上がる
県が示した試算(左図)でも、県単位化で保険料が上がる市町村がほとんどとなっています。国保は同じ収入でも人数の多い世帯ほど負担が重く、保険料を払ったら病院にもかかれないという危機的な事案もでてきます。

市区町村ごとの制度存続が危うい
例えば、低所得者の医療費窓口負担を減額する一部負担金の減免なども、条件が厳しい他の市町に合わせられる恐れが出てきます。それぞれの地域での特性を考えた様々な制度が、広域化によりなくなってしまう恐れがあります。
こうしてみると、市民にとって国保県単位化のメリットは皆無に見えます。

払うと生活できない!
学習会では、医療従事者の方からの話で「国保や年金、介護保険などの負担が大きすぎ、使わないから払わないと滞納して大変になっている世帯がある」「社会保障への信頼感の喪失が感じられ問題」などの報告もありました。

国保は社会保障!
憲法で「国は全ての生活部面について、社会福祉、社会保障及び公衆衛生の向上及び増進に努めなければならない」と定められています。
国保は社会保障です。国や市町村は、国保を社会保障ではなく被保険者同士の相互扶助と位置づけているため、国保の保険料が上がっているのです。
国民の生活を脅かす状況は憲法に反しています。社会福祉・社会保障向上の運動を広げていくため、下記の日程で不服審査請求&減免請願を行います。今社会保険の方も、退職したら国保です!一緒に行動し、将来の安心を作っておきましょう!
 
このページを印刷
カテゴリ内ページ移動 ( 392  件):     1 ..  103  104  105  106  107  108  109  .. 392    
GNavi   (based on MyAlbum-P)
広島民主商工会
〒730-0013 広島県広島市中区八丁堀2−3 広島商工会館 2F
電話:082-221-0613
minsyo@hiroshima.email.ne.jp
広島県商工団体連合会webサイト