商売交流会  保険の見直し ~失敗しない保険選び~ - 広島民主商工会

税金・申告・法人設立 広島民主商工会は経営者をバックアップします


新規開業・法人設立
資金繰り・融資
申告・決算
労働保険加入
国保・年金
税金
各種許認可
税務調査10の心得
ご質問・お問い合わせ
ホーム >  民商からのお知らせ >  記事一覧 >  商売交流会  保険の見直し ~失敗しない保険選び~
商売交流会  保険の見直し ~失敗しない保険選び~ 高ヒット
2017/6/16 12:25 投稿者: admin558 (記事一覧) [ 325hit ]
5月30日(火)7時から第8回目となる法人部会主催の商売交流会を行い、16名の方が参加しました。
今回の講師は、庚午支部の酒井和男さん(保険代理店)です。ファイナンシャルプランナー、相続診断士など様々な資格を持つ酒井さん。失敗しない保険選び、法人保険活用法など保険選びのポイントも交え語って頂きました。
酒井さんは、まず保険には損害保険(家、車等モノに掛ける保険)と生命保険(人に掛ける保険)の二つの種類があることを説明。そして今回は生命保険についてのポイントについて語って頂きました。
いま多くの皆さんが何らかの生命保険に入っておられますが、自分が入っている保険の中身を御存じでしょうか?保険の営業の方に勧められ、内容を理解しないまま入り、保険金をどんな時にもらえるのか?いくらもらえるのかわからない。毎月保険料を何年も掛けるのにそういった人が多いのが現実です。

酒井さんは保険に加入するには、
①何のために(目的)
②いくら(必要額)
③いつまで、の3つのポイントがあることを強調。

①の『何のために』(目的)は、入院、介護、死亡、貯蓄(学資保険等)などどの保障が必要なのかを選ぶことで、必要のないものは入らなくて良い。

②の『いくらか』は、保障額(必要額)です。それぞれの生活の中で収入、支出は変わってきます。万が一病気やケガで働けなくなり収入がなくなっても、家族が生活をして資金が必要です。そのためには、自分自身がしっかり計算をし、どれだけの保障があれば生活できるかを考えなくてはいけません。

③の『いつまで』は、入院などの保障は一生涯必要だが、子供の学費などは時期が限られます。ライフプランの中で、どれだけの期間保障が必要なのかを把握しておく必要があります。

これらを踏まえたうえで、①定期保険②養老保険③終身保険の3つに分けられる保険の種類を理解し、自分自身にはどの保険(保障)が必要なのかをしっかりと考え、加入することが必要と説明されました。
最後に、法人として保険に加入するメリットについても説明。法人として保険に加入することで、万が一のことがあった場合の①事業保障に加え、保険料が経費として算入されることによる②節税のメリット、頑張って積み立てることにより③退職金の原資になること、事業が不調になった時の手当てできる④資金繰りのためなどのメリットがあることを強調されました。
参加者からは「確かに勧められるまま加入したが、内容はほとんど知らない」「自分がどんな保険に入っているのか確認したい」「保険の見直しをしたいがアドバイスはしてもらえるか?」など積極的に意見が出されました。
皆さんもこれを機会にもう一度、今加入している保険を見直し、自分に必要な保険・保障選びをしましょう。
商売交流会は毎月開催しています。次回の多くの皆さんの参加お願いします。
 
このページを印刷
カテゴリ内ページ移動 ( 449  件):     1 ..  237  238  239  240  241  242  243  .. 449    
GNavi   (based on MyAlbum-P)
広島民主商工会
〒730-0013 広島県広島市中区八丁堀2−3 広島商工会館 2F
電話:082-221-0613
minsyo@hiroshima.email.ne.jp
広島県商工団体連合会webサイト