自主記帳・自主計算を極め経営力をアップしよう! - 広島民主商工会

税金・申告・法人設立 広島民主商工会は経営者をバックアップします


新規開業・法人設立
資金繰り・融資
申告・決算
労働保険加入
国保・年金
税金
各種許認可
税務調査10の心得
ご質問・お問い合わせ
ホーム >  民商からのお知らせ >  記事一覧 >  自主記帳・自主計算を極め経営力をアップしよう!
自主記帳・自主計算を極め経営力をアップしよう! 高ヒット
2016/10/31 7:43 投稿者: admin558 (記事一覧) [ 821hit ]

現在、広島民商では『自主記帳はあなたの身を守る』をキャッチフレーズに、自主計算部会を中心に、自主記帳・自主計算を推進しています。 
自主記帳は、
①自らの経営実態をつかみ
②税務署の推計課税を許さない、また
③借り入れにも有利な力を発揮するとても重要なものです。

大好評の簿記教室
「会計ソフトに入力しているけど実は簿記が分かっていない」という方も多いのではないでしょうか?そうした方からの「簿記(仕訳)を基礎から学びたい」という要望に応え、
10月11日・18日の2回講座で「簿記教室」を開催し、延べ33人が参加しました。
講師は事務局員が交代で担当。
1回目は複式簿記の基礎として、まずは勘定科目の学習をしました。資産・負債・資本・費用・収益とは何か?どういうものが資産となるのか?など基礎からの学習です。
「資産は『あってうれしいプラスの財産』、負債は『少ない方がうれしいマイナスの財産』というのはわかったけれど、従業員の前借はどうなるの?」など、参加者も首をひねりながら考えていました。

その後、仕訳の基本として左右の金額が対称となる仕組みや科目について学習。実際に「現金を通帳(普通預金)に入れる」という簡単な仕訳から実際に行っていきました。
「学生の頃に習ったけど、なんとなく思い出してきた」「説明を受けたらなるほど!と思うが、自分でやると迷ってしまう」など感想を出し合いながら真剣に取り組みました。
最後に宿題を持ち帰り、「来週もこのメンバーでしっかり学習しようね」と散会しました。
続いて2回目は「宿題をもらったけど、全然自信がない」といいながら、全員が前回の宿題を終えて参加。レジュメを基に再度前回のおさらいをしながら、ひたすら練習問題をみんなで解いていきました。「今日は調子が悪いので当てないで」など控え目な発言もありながら、一つ一つの問題をしっかり学習。終わる頃にはすっかり仕訳はマスター?しました。「こういう機会がないと中々勉強はしないね」「次回もまた参加します」「これでパソコン入力も間違いが減る」など大好評でした。

おまけ 仕訳に挑戦!
最終問題は、「本体価格1500万(土地1000万・建物500万)の貸ビルを購入した。その際仲介手数料45万円、固定資産税相当額10万円を負担、店子の敷金200万円を相殺。銀行から800万円借入。差額を普通預金から支払った」です。
(正解は普通預金が555万円です)
 

このページを印刷
カテゴリ内ページ移動 ( 410  件):     1 ..  251  252  253  254  255  256  257  .. 410    
GNavi   (based on MyAlbum-P)
広島民主商工会
〒730-0013 広島県広島市中区八丁堀2−3 広島商工会館 2F
電話:082-221-0613
minsyo@hiroshima.email.ne.jp
広島県商工団体連合会webサイト