国保減免して助かりました - 広島民主商工会

税金・申告・法人設立 広島民主商工会は経営者をバックアップします


新規開業・法人設立
資金繰り・融資
申告・決算
労働保険加入
国保・年金
税金
各種許認可
税務調査10の心得
ご質問・お問い合わせ
ホーム >  民商からのお知らせ >  記事一覧 >  国保減免して助かりました
国保減免して助かりました 高ヒット
2014/8/28 12:55 投稿者: admin558 (記事一覧) [ 1597hit ]

 南区に在住する高井さん(仮名・塾経営)は、6月に国民保険料の納付書が届いてビックリ。所得200万円以下なのに、年間32万円もの国保料が請求されていました。「何かの間違いに違いない」と思った高井さんは民商の事務所に相談しました。

納付書を検討した事務局員は、「残念ながら計算に間違いはありません。もともと高すぎて高井さんのような払いたくても払えない人がいっぱいいます」「何とかしないと、たまっていっては大変なことになる。減免申請できればいいのですが」ということになりました。

高井さんの現在の営業状態を詳しく聞くと、このたびの不況で塾生が大幅減になり、前年より所得がかなり減少していること。それに加え、安定した家賃収入で生活費を補填していた不動産所得まで空き部屋が出て、所得が減少するというダブルパンチに見舞われていることがわかりました。
「これなら、前年比30%以上の所得減少による、国保料の減額申請に該当します」「しっかり計算し、申請しましょう」ということになりました。

納付期限の1週間前までに申請の必要があるため、高井さんは6月21日に申請書を提出。
このたび、7月1日付けで広島市から決定通知が送られてきました。
月額32000円だった保険料が16000円になっていました。

「これなら何とかなる」と高井さんは大喜び。「2ヵ月分しか減免決定されていませんが、2ヵ月後も同様な事態が続いていればまた申請できます」と聞いた高井さん。

「面倒くさいがそんなことは言っておれない」「減免できることを知らずに泣く泣く滞納している人が多いと思いますよ」と知り合いに商工新聞を紹介してくれました。

このページを印刷
カテゴリ内ページ移動 ( 434  件):     1 ..  420  421  422  423  424  425  426  .. 434    
GNavi   (based on MyAlbum-P)
広島民主商工会
〒730-0013 広島県広島市中区八丁堀2−3 広島商工会館 2F
電話:082-221-0613
minsyo@hiroshima.email.ne.jp
広島県商工団体連合会webサイト