コロナから共に守ろう地元経済! 融資や調査対応等 金融機関と懇談

2020/10/15 16:47 投稿者:  admin558

広島県商工団体連合会(県内民商の連合体)では、9月16日から県内に本店がある全ての金融機関に左記の内容で懇談を行いました。 結果が一定まとまりましたので報告します。

[融資について] 
どの金融機関もコロナ禍で苦しんでいる中小業者の実情を理解し、迅速な対応を心掛けていると回答。
セーフティーネット保証も積極的に活用しており、風営法第1号許可業者への融資も行っているなど全てが要望通りの回答。地域を共に守る姿勢がうかがえました。
また、赤字や税金の滞納についても数字だけで判断せず、まじめに分納しているなど個々の状況を見て判断しているとした金融機関がほとんどでした。

[税務調査]
税務調査対応についても要望通りに実施している金融機関がほとんどでしたが、中には理解の不十分な金融機関も「今のところ預金者への連絡は行っていないが、していかないといけないと思っている(県信)」「税務署員に本人の了承を得たかを確認しているが、預金者本人には連絡していない(もみじ銀行)」などの回答もあったため、預金者への通知の必要性を訴え、再度連絡の徹底を要望します。
 

記事一覧 )