共済会第37回定期総会開く

2020/9/4 10:46 投稿者:  admin558
8月28日(金)広島民商共済会第37回総会を25名の参加で行いました。今年はコロナの影響もあり、共済会理事と各税務署管内から代表2名づつの代議員選出としました。
「共済会は今年の4月以降、コロナ問題での積極的な取り組みで拡大を進め、目標だった二千名の加入者数を大幅に突破し、県内一の加入者数となりました。コロナで困っている会員に寄り添い「目配り、気配り、心配り」で助け合いの輪を広げていきましょう」と平野理事長からの挨拶でスタート。

今年度の主な活動については、『集団健診や大腸がん検査に積極的に取り組むこと。仲間同士の助け合い運動である共済会の全会員加入と配偶者や家族・従業員加入の促進に努力すること。そして会員数二千百名を目指そう』等の方針案を提案。
続いて決算報告、会計監査報告、予算案の提案、役員の推薦が行われ、すべて満場一致で可決されました。
共済会では、今後も11月3日予定の「秋のレクリエーション」や「健診結果返し学習会」などを通じて、共済会の良さを知ってもらい、助け合いの輪を広げていく活動を取り組んで行きます。
 
記事一覧 )