令和2年4月から全ての施設で屋内禁煙!?どうすればいいの??

2020/1/24 9:10 投稿者:  admin558

広島市から既存の個人店・小規模な法人経営の飲食店に対し、「飲食店が4月から原則屋内禁煙になります」というリーフレットが届き、民商にも問い合わせが来ています。
国の健康増進法改正で、4月から営業を始める飲食店は原則「屋内禁煙」となります。一定の要件を満たす「喫煙専用室」のみで喫煙が可能となります。(電子タバコも規制の対象。たばこよりは柔軟で、電子タバコのみ喫煙可の部屋を設置すればそこでの飲食が可。ただし20歳未満は立入禁止)


すでに営業されている小規模既存店は、経過措置として、店の一部または、店内全体を喫煙可能室にできます(20歳未満立入禁止)。
喫煙室がある場合は、お店の入り口に標識を表示する必要があります。(違反すると最大50万円以下の罰金)。
広島市は、すぐに罰則というのは考えていないとのことなのですが、飲食店経営の皆さんは厳しい基準で戸惑う方も多いと思います。要望等あれば国に交渉することも考えていきましょう。

 

令和2年4月以降に営業許可を取るお店
屋内禁煙
※テラス席など壁のない屋外は対象外だが、通行人への受動喫煙へ配慮。

喫煙専用室設置
・部屋の仕切り方など要件あり
・専用室は飲食不可
・20歳未満立入禁止(従業員等も含む)
 

記事一覧 )